お弁当箱を追跡せよ!(東西線遺失物扱いの話)

自由人の双子A、

身の回りの管理がとっても苦手。

 

彼は保育園の年長の時に

広汎性発達障害という診断名がついている。

 

彼のことは、「発達に偏りがあるタイプなのねぇ~」と割り切って、

小学校6年生まで私が時々学校に行って、身の回りの片付けをしていた。

 

たとえば。

放っておけば、着て行った上着を学校に放置。

7枚くらいの上着が学校のロッカーに突っ込んである。

まぁ、そんな程度の話なんだけれど。

 

 

そんな彼なので、中学に入って2カ月ほどで、すでにお弁当箱は2代目。失くしちゃうのだ。

ちなみに、手袋は一冬で5組くらい用意する。(当たり前だが、全部100均だ!)

 

昨日も、帰宅するやいなや、

双子A : 「怒らないでね。弁当箱を電車の中に置き忘れた」

母 : 「へぃ、了解」

 

こんな事情で、弁当箱を追跡することに。

 

以下覚書。

 

彼が使っている東西線は、3つの会社が管理しているので、

「発見された場所」(←ここ重要)によって、

届けられる「忘れ物センター」が違う。

 

 

【JR線区間で見つかった場合】

JR区間は、三鷹ー中野。

JR三鷹駅に届いている可能性は高いが、JRは駅の電話番号を公表していない。

ゆえに大代表 050-2016-1601 が受付電話窓口

ここは平日午後5時に電話したが、20回くらい電話したが繋がらず。

 

【東京メトロ区間で見つかった場合】

東京メトロ区間は、三鷹ー中野。

東西線忘れ物センターの電話番号は、03-5227-5741。

こちらも平日午後5時では、20回くらい電話したが繋がらず。

飯田橋駅 03-3262-7086 に電話して遺失物の検索をかけてもらった。

東京メトロの遺失物検索は、同一の検索システムなので、

 

忘れ物センターで検索してもらうのと、

飯田橋駅で検索してもらうのと

同じデータを見てもらっていることになる。

だったら、なかなか電話が繋がらない東西線忘れ物センターに電話するより

飯田橋駅に電話して検索かけてもらった方が早い。

 

【東陽高速鉄道区間で見つかった場合】

東陽高速鉄道区間は、西船橋-東陽勝田台。

東陽高速鉄道の忘れ物専用電話番号は、047-487-2010。

 

忘れ物専用電話窓口は、047-487-2013。

ただ、上記は16:15で締まってしまうので、その場合は

東陽勝田台駅に電話することも可能だ。047-487-2010。

 

 

他のものなら、悠長に待っていてもよいのだが、

 

今回の忘れ物は、弁当箱。

夏場の弁当箱の一泊放置・・・いやぁぁぁ(絶叫)

 

意を決して、雨合羽着て(雨が降っていたのだ)

三鷹駅の遺失物取扱所に行ったら、ありましたよ!

 

めちゃめちゃ、達成感があったわぁ。

 

双子Aには、

「今後もあんたは電車の中に弁当箱を忘れることがあると思う。そしたら

電車に乗って三鷹駅の遺失物取扱所に行きなさいね」と教えた。

 

 

双子Aに、「忘れ物をしないようにしなさい」と、

何度言っても無理。

大切なのは、「忘れ物をした時に、それをどうクリアするか?」という力をつけて

あげること。その方法を一つ学べたという話。