谷川俊太郎展に行ってきました

2018.3.26

前日のリベンジを果たすべく行ってきました。

谷川俊太郎展。

 

谷川俊太郎って、すごい丸文字だったのね。

 

「二十億光年の孤独」(谷川俊太郎のデビュー作)を

書きつけたノートが展示されていたけれど、

「え??? 女子高生?」って、くらい丸文字。

 

ノートには、「1950.5.1」と日付が書いてあって、

今から70年くらい前に、

男の人が、こんな字を書いていていいの? と、思った。

 

けれども、谷川俊太郎のお父さんも、すごく丸文字で

「家系的に、こういう字を書くんだ」と、納得

(落としどころ、そこで、いーのか?)

 

ちなみに谷川俊太郎のお父さんって、

日本の思想史に残る哲学者で、法政大学の総長もした谷川徹三。

インテリだからって、必ずしも流麗な文字じゃないのね。

 

 

展示は、「『オペラシティで谷川俊太郎の展示をやる』って、

キューレター界的には、人気ポジションなんだろうな。

お手並み、拝見しましょうか?」

と穿った目線で見ていた私が、「ま、アリじゃない?」と思えるレベル。

(どんだけ、上から目線?)

 

いや、いや。

以下の感想を読んで頂いたらわかるけど、

「キューレターの狙ったとこに、見事に落ちた」って感じです。

 

では、感想いきます。

 

まずね、若い人が多かった!

 

国立美術館系の展示に行くとオバチャンばっかりだけれど、

「ここは、パルコミュージアムですか?」的な

ナウでオシャレな、男・女が一杯!!

 

個人的に印象に残ったのは、谷川俊太郎宛の絵葉書コーナー。

 

だってですね!

室生犀星、小林秀雄、三島由紀夫・・。

 

そういう「文学史的に名前は知っているけれど、実在したのか?」と問われれば

ネッシーくらいに不確かな感じの人々(当社比)の直筆の絵葉書、

しかも宛名は、きちんと谷川俊太郎宛(当たり前です)。

 

歴史に触れた感じがして、感動した。

特に、室生犀星! 

彼の直筆を見ることができただけでも、行ったかいがあった。

 

ちなみに、室生犀星からの絵葉書は詩集を贈った御礼らしく

「見せて下すった甲斐のあったことのお礼申しのべます。」と、書かれていた。

 

 

このコーナーで展示されていた、おとうさんから「しゅんちゃんへ」の手紙。で

お父さんの丸文字が発覚するのだが。

 

「きょうは、おとうさんはこのホテルに泊まっています」とか何とか

外国の高級ホテルから出したであろう絵葉書が、たっぷりと。

 

どんだけ愛され、大事に育てられたんだ! という感じ。

 

谷川俊太郎は、インテリ層出身のおぼっちゃん(一人息子)。

しかも、高校あたりから引きこもり始め、定時制の高校に転校して辛うじて卒業。

大学にも行かず、プラプラしていた頃、

お父さんのツテで「二十億光年の孤独」で、デビュー。

 

幼馴染の岸田衿子と初婚後、すぐに離婚、(離婚歴は、3回)

 

それでいて、こんなことを言っている。

「ぼくの場合、友達とかの人間関係は希薄だし、勤め人でもないわけだから、

会社の人間関係もないんです。

女性との関係が、一番の他者の発見なんですよ。

ほとんど、それしかないんですね。」

 

それで、離婚3回? 本気出して、それか?

 

しかも、再婚(1957年)と再再婚(1990年)は、

両方とも、離婚した翌年にしている。

っていうことは、もしかして不倫していた??

 

今ドキの言葉で言えば、だめんず?!(古いか・・)

 

・・・と、まぁ、こんな感じで、

「谷川俊太郎が、紡ぎ出す言葉が好き!」とか何とか

当初は「正しい読者」として展示を見に行ったハズなのに、

「谷川俊太郎って、突っ込みどころ、ありすぎでしょ?」と

人間・谷川俊太郎への興味ばかりが先立ちまして。

 

その結果、こんな本を買いました。

 

ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る

 

「谷川俊太郎展に行った記念に、文庫本の詩集でも1冊買おうかな?」

くらいの軽いノリで覗いたグッズコーナーだったのに、

多分、いちばん分厚い(そして高い)本を買ってしまいました。

 

熟読するしかないな。

 

 

最後に。

谷川俊太郎が育った家庭には、

優しい言葉が溢れていたんだろうな!

ということが、伝わってきた。

 

私も家の中で、できるだけ(←ここ重要)

優しくて、血の通った言葉を使うようにしよう! と、思った。