息子たちの教科書の整理(ノバの棚)

2018.4.2

家事覚書。

今まで、家事の覚書は非公開にしていましたが、

「これも公開でいっか!」という気分になった2018年の春。

 

 

バンカース 「Fellowes 703」シリーズを

息子一人につき、一箱用意。

バンカーズボックス スタンダード

「旧年度の教科書やノート、

これに入る範囲だけは保管可能です」と

アナウンス。

 

彼らは、部屋も机も所有しておらず、

ノバという北欧家具のロッカー一段を棲家にしている。

 

長男が中学生になった時、張り切って自室と机を与えたが

自室には居つかず、もっぱらリビングで暮らしていた。

 

ゆえに、長男が中3の時にリビングにロッカーを確保。

 

長男の居場所づくり

【長男のロッカー】

写真は使いまわしです。

 


長男の居場所づくり②

【ダイニングからロッカーを望む】

明かりがついているところ奥が息子たちのロッカー。

 

以来、3人の息子たちから

只の一度も、「自室が欲しい」と言われずに、本日に至る。

 

話を戻して。

 

「火曜日が紙ごみの日までなので、

その日までに整理をして下さい」

と伝えておいたら、今朝3人とも整理完了。

 

なかなか、スムーズにいった。

 

バンカーズの書類ケースは、

別室に組んだエレクターの棚で保管。

 

エレクターを組んだり、書類ケースを揃えたり。

一方で、息子たちに「整理をさせる癖をつける」など。

 

何年も、何年も家の中の「整理システムの体系化」を

試行錯誤してきた。

 

だいぶ、いい感じになってきた、気がする。