おとうしゃん! by ちゃま。

2018.4.11

久しぶりに、ちゃま。さんの話題なんぞを。

 

私の家族は、人間の男が4名と、猫の雄が1匹という構成ですが、

ちゃま。さんが、一番、おりこうさんです。

 

「ちゃま。は、おりこうさんだねぇ・・」と、

文字通り、「ネコかわいがり」しているだけで日々が過ぎていくのです。

 

問題がないから、それは、つまりブログ話題にならない。

 

そんな、ある日。(どんな、ある日?)

 

深夜、ちゃま。が玄関で珍しくニャーニャー鳴いている。

どうしたの???

 

長男 : 「今、玄関扉をガタンと閉めたから、お父さんが

帰ってきたと思ったんじゃない?」

 

夫は只今、香港出張中。

彼は、普段、長い出張に行かないので、

ちゃま。は、おとうしゃんの不在に慣れていないのかも。

 

ちゃま。は、ネコなりに(ネコごころなりに)

「おとうしゃんが、いない」と思っていたのかもしれない。

 

それで、玄関の扉が、バタンと閉まって本人(夫)の姿が見えないので

「おとうしゃん! どこにいるの? 

おとうしゃん! が、いないよ!」

と、家族に訴えていたよーに、私には感じられた。

 

いじらしいのぉ。。。。。

 

ちゃま。は、私が家に帰ってくると必ず玄関にいる。

 

必ず、玄関にいる。んだけれども、

「たまたま、いた」みたいな、顔をしている。

 

犬みたいに、ワンワン吠えて、

「全力のおかえりなさい!」をする訳でもなし。

 

だから私は、うっかり

「お出迎え」されていることに気がつかないことも多々。

 

それなのに、一途に待ってくれていたんだなぁと、

今日、何となく感じた。

 

動物の与えてくれる愛情は、深いなぁと思ったのでした。