肩甲骨のところの痛み ~ああ、また、やっちゃった!~

2018.5.8

ああ、また、やっちゃった!

 

すごく気合いをいれた原稿を書くと、

肩甲骨のところが、ギュッとなって

疲れがとれなくなる・・・。

 

「原稿を書くこと」は私の日常なので、

原稿を書きすぎた(量)、という問題ではない。

 

たま~に、無意識に力んで書いている原稿があって、

「そのテ」の原稿を書いた時に、

「ああ、また、やっちゃった!」と、いうことになる。

 

この状態になると、鍼灸師の井出先生のお世話になる。

 

まぁ、でもね。

「無意識に力んで書いている原稿」というのは、そう、そう、なく。

 

書き終わった時は、「なるほど~、そうか! そうだったのか!」と、

必ず、ある種のカタルシスが得られている。

 

そう考えると、

「ああ、また、やっちゃった!」で

得られたカタルシスは何だったのか? 

ということにフォーカスした方が良いのではないか? と、

気がついた。

 

井出先生のところに行けば、

必ず、この痛みの「核」は解してもらえるので、

「ああ、また、やっちゃった!」の解決策がわかっているだけでも

ありがたい。

 

さ、井出先生に電話をするか。