学ランを紛失する男

2018.5.9

昨日、学校から帰ってきた次男が、おやつを食べながら言う。

 

「あ、そういえば、学ランなくした」

 

それは、「今日のお弁当のおかず、コレがおいしかったよ」と言うのと

何ら変わらないテンションで、「こともなにげに」という感じ。

 

思わず、聞き返しちゃったよ。

 

母。「は? 学ランって、あの、学ラン???」

次男。「うん、学ラン」(相変わらず、平常心)

 

母。「学ランなんて、なくなるものなの?」

次男。「ね! でもさ、それが、なくなるんだよ」

 

母。「へぇ、そうなんだ」

・・・・・と言ったきり、思考が停止する母。

 

やっと我に返り。

 

母。「先生には、言ったの?」

次男。「うん、言った」

 

母。「そしたら、何て?」

次男。「マジで? って言われた」

 

やっぱ、そうですよね??

「マジで??」とかって、思いますよねーーー!!!(絶叫)

 

あまりに次男が平常心なので、

学ランって、「紛失しがちな品物」なのかと錯覚した。

 

帰宅した父にも、報告。

 

次男。「学ラン、なくなった」

父。「は??????」

 

やっぱ、そういう反応だよね?

それが、普通だよね??

 

次男と暮らしていると、時々、いや、しばしば。

 

私の常識が、非常識?? といった不安感に陥る。

 

ブログに書いて、気を静めてみた、なう。

 

・・・が、「学ランが紛失している」という現実には、

何ら変わりはなく・・。

 

さて、どうするか・・・。