続・寝具カバー41,340円を考える

2018.6.27

昨日はお天気だったので、

新調した寝具カバーを洗濯してデビューさせた。

 

オーガニックコットンのサラッとした手触り最高!

はぁ~、幸せ!!!!!

 

自分が納得した寝具カバーを使うというのは、

私にとっては、とても大切な「幸せのカタチ」だと思った。

 

なぜ、3年も「もったいないから」と、我慢していたのか?

 

マジで、謎。今となっては、謎。

 

でも、多分、きちんと言語化してこなかったことが、問題なんだと思う。

 

私は、納得した寝具カバーを使うことに大きな喜びを感じる。

納得した寝具カバーを使うには、5万円かかる(時もある)。

 

こんなふうに言語化し、気持ちの準備をしておけば、

寝具カバーを新調することが、億劫ではなくなる。

 

41,340円は、やっぱり大きな金額だから

気持ちの準備をしておかないと、とっかかれない。

 

でも、私は、その金額に見合う、「幸せな気持ち」を必ず得る訳だし、

寝具カバーは、数年単位で毎日使うもの。(1シーズンにつき、2セット用意)

 

睡眠時間は、一日の1/3~1/4を占めているのだから、

寝具カバーを納得したもので暮らすのは、QOL (人生の質)に関わる問題でもある。

 

・・・というあたりまで、言語化しておくと、

寝具カバーの管理に、エネルギーを注げると思うのでした。

 

軽く見てはいけません、寝具カバーの管理。>私。