銀座 Georges un cinq ~どのお皿でも”キッチリ仕事”~

2018.7.12

【前菜のお皿から、食べごたえ充分】

 

20代で商社に勤務していた頃、

「あそこのお店が、いいらしいよ」と聞くと、食べに行く。

みたいな生活をしていたことがありました。

 

こなれたお店を、知っている。

それがオシャレ、みたいな環境ね。

 

最近、社会復帰して‼?

「いい感じのお店」に行くことも増えてきたので

覚書的にメモしていこうかなと思った本日。

 

Georges un cinq 

 

前菜、メイン料理 withパン、デザート、

乾杯用のワインがついて、3500円(税込み)。

 

メイン料理は、

お値段をプラスしてグレードをあげることも可能。

 

女性の一人客が、「おひとりさまランチ」に来ている感じのお店なので、

この値段で、これは納得できる的な費用対効果は、確実。

 

ただ、ビルの1フロアを使ったお店なので、開放感はない。

(私的に、「開放感」、わりと大事なの)

 

「隠れ家」という感じが好きなら、いいかも。

 

次回は、どんな時に使うか考えてみた。

 

・「みっちりと食事」をしたい時

・個室もあるので、銀座で込み入った話(商談‼?)をする時

 

以上