詐欺ブログと言われて

2018.7.20

詐欺ブログ。という呼称、

とっても、気に行ってます。

 

タイトルを読むと、何やら、物騒な感じがするかも? と思い、

最初にお断りしておいてみたりぃ。

 

ワタクシ、自分のキャッチフレーズを

安い女(やすいおんな)と、

名乗っているくらいだから、そういうノリ、好きな訳です。

 

ちなみに、どんな文脈で言われたかというと。

 

「主婦er」の前身となる、「家事マニア」というブログを

ママ媒体様で書かせて頂いていた頃(今から7~8年前)のこと。

 

「家事マニア」については、

「家事について追及する」というテーマがあったし、

その頃は、ほぼ専業主婦だったので、

実際、家事はガッツリやっていたしで。

 

雑誌「天然生活」っぽい内容のことを、

カッチリした文体で書いていました。

 

で。

 

ママ友:「あれ、素敵すぎない? 『家事マニア』を読んでいると、

『実際のぴかりん』とのズレがある」

 

私:「あ、そーーなんだ!」

 

ママ友:「なんかさぁ、詐欺にあった感じ? そんな気がするんだよね」

 

頂きました! その言葉。気に入りました!!!!!

 

と、ここまでは前置きでして。

 

昨日。

「あんた本当にライターなの? それで大丈夫なの?」と、

辛口のお兄様に突っ込まれまくり。

 

 

実は、その言葉、よく言われるんです・・、私。

 

「ライターとして、それで大丈夫なのか?」

 

これって、特定の人に言われているわけではなく、

何なら?? 至るところで言われている・・・。

 

「私の会話の運び方に問題があるのかもしれない」

と、思い至った49歳の朝。

 

昔だったら、「気をつけよう」くらいは思っただろーに。

49歳にもなると、「ま、それが、私だし」的な案件処理で終わる。

 

これって、進化なの? 退化なの?

 

「開き直り」と「おばちゃん」

「自己肯定」と「努力」

そのあたりの関連性について、語りたい方、募集中です。