自由業のペース配分 ~自分で切り上げる力を育てる~

2018.8.1

新卒で入社した会社を退社したのは、1998年。

 

そっから、20年、「フリーライター」という名刺で仕事をしてきました。

 

フリーライターの、「write」をとると、フリーター。

 

相当な自由業だす。

 

昼からビール飲んでも、昼寝しても、遊んでいても、全く問題ない。

原稿さえ書いていれば! というね。

 

そんな本日は、午前中、原稿書きをして、午後3時半より取材というスケジュール。

自宅を出るのは、午後2時半。

 

原稿の仕上がり具合は、「あと、ちょっとで何とかなる」感じだが、

取材相手は、気の張るビックネーム様。

 

只今、午後1時。

今日のところは原稿は、ここまでにしておこう。

 

こういうペース配分ができるようになったことが、

20年間、自由業をやってきたということだよなぁと思ったなり。