中学2年生男子 水回り掃除の仕上がり 

2018.8.2

今年の夏休みは、中学2年生の男子に水回りの掃除を

任せてみることにした。

 

一部ね。

 

たとえば、週1回の洗面所の掃除を中学生チームに任せたら、

翌週は、母がやる、みたいな?

 

多くは、望まない。

 

・・・と、覚悟を決めていたら。

 

昨日、仕事から戻ったら、

「洗面所とトイレの掃除をしておいたよ」とのこと。

 

チェックしてみると、全然オッケーなレベルの仕上がり。

 

そんなに高いレベルは望んでおらず、たとえば、洗面所だったら

・鏡が磨けている

・汚れがたまりやすい、栓まわりがキレイになっている

この2点がクリアできていたので、オッケーとした。

 

母 「すごいじゃーん! 明日のブログネタはコレだわ」

息子 「そういうの、やめてもらえますか?(敬語)」

 

最近、息子から敬語を使われる。

距離、どんだけとられているんだか! 母は、悲しいよ・・。