ポール・サムエルソン (ノーベル経済学賞受賞)の著作に興味を持った件

2018.8.7

今月の日経新聞の私の履歴書は、

安斎隆さん(セブン銀行特別顧問)だ。

 

私は新しい金融のカタチに興味があるので、

セブン銀行には注目している。

 

少し話がソレるが。

 

私は「私の履歴書」が好きで、目を通す方だと思うが、

まったく興味が持てない人生もある。(おいっ!)

 

何ていうのかしら?

思考回路が違うというか、

興味の方向性が違うというか。

 

なんかこう、「はー、そうなんですね・・」という

気のない相槌しか打てない事柄に 

全身全霊をかけて生きている人がいるって、いうか。

 

なんか、そんな感じ。(適当なまとめ)

 

一方で、「うん、うん、それで、それで」と、読み込む人もいる。

安斎隆さんは、後者です。

 

たぶん、私にとっては、

「経済」は、「恋愛」よりは相性がいいんだと思う。

 

比較する対象が飛躍しすぎだろ! と思った、そこのアナタ。

 

わたくし、ライターのキャリアを、

1990年代の女性誌からスタートしたんですの。

 

1990年代の女性誌の「読み物」っつたら、

ほぼ、「恋愛」と「結婚」だったからね・・・。

 

そんな環境の中、「マネー」という分野に活路を見出した、

20代の私、グッジョブ!!

 

話がソレまくっておりますが。

 

まー、そんな訳で、安斎さんの人生は、私にとっては、興味深い。

 

・・・と前置きはここまで、掲題の件について。

 

8月7日(火)の「私の履歴書」安斎隆さんの話より抜粋。

 

+++

日銀に入行を決めると、当時、日銀仙台支店にいた

高田紘一さん(後に滋賀銀行頭取)と会うようになり、

食事をごちそうになった。

 

ノーベル経済学賞を受賞したポール・サムエルソンの著作を原書で読むように勧められ、

入行までに経済学の基礎を頭にたたき込んだ。

 

サムエルソンの「経済学」は、法律の勉強ばかりしていた自分にとっては新鮮で、

入行後、大いに役立った。

++++

 

今、武蔵野市立図書館の資料検索で「ポール・サムエルソン」を検索してみたら、

「大恐慌を見た経済学者11人はどう生きたか」という本がヒット。

 

枕草子を、リミックスあたりからスタートしたから、何とか概略に触れられたように

「ポール・サムエルソン」も、このあたりから、読んでみるかと思っています。