二人目、登校の朝

2018.9.5

この日記は、私の心の故郷、スタバ井之頭店で書いています。

 

朝いちばんのスタバは、誰もいない静寂な空間。

顔なじみの店員さんに、

「はぁ、やっと新学期です」と言いながら、

「ん? なんか似た話、したことある」と思って検索してみたら、

あった! コチラ。

 

毎年、同じ時期に同じこと言っている感が、笑える。

人間なんて、そんなもんだ。

(いーのか! そんなまとめで)

 

そうそう。それで、二人目が登校した話ね。

新学期の前日というのは、辻褄を合わせる日だからして、

辻褄が合わない彼らは、必ず、父親に怒られている。

 

昨日は、読書感想文のカバーリング用紙が

インク切れでプリントアウトできなくて。

 

諦めの早い次男は、アッサリと

「大丈夫だよ。みんな期限に出さないから!」などと、

ラフなテイストで事情説明をしていたら、父、激怒。

 

「約束を守れない奴に、俺は学費は払えない。

学校を、辞めろ!」

 

いやいや、話、大事(おおごと)に至りすぎですから!

 

でもまぁ、それくらい強く言わないと、

奴は、「提出期限に間に合わない!」というのを

本気で、心の底から!! 気にしていないのも事実でして。

 

何か、まぁ、我が家の年中行事と申しますか、そんな感じ。

(いーのか! そんなまとめで その2)

 

こんな日々をデッサンしておきたい!

それをデッサンすることが、私の人生! 

 

そんなふうに感じる私は、やっぱり物書きなんだと思うのでした。