続・教科書を紛失する男

2018.9.12

教科書を紛失する男 の続きです。

 

 

アマゾンから教科書が届いた。

 

「新規では買えない『古書』だから

定価の倍した」と、夫がボヤいていた。

 

母:「でさ、私たち(両親)の論点としては、教科書を買いたいと思ったのは

自分の意志か、それとも先生に怒られたか? だったんだけど、どっち」

 

次男 : 「自分の意志」

 

夫 : 「ウソだね。水曜日までに買ってくれ! って、期限言ってたもの」

 

うん、夫、鋭い。

 

次男、「先生に言われた」と、自白。

母 「やっぱねー。そうだと思った。で、何て怒られたの?」

 

次男 「だから、怒られてない。買っておけ! って言われただけだよ」

母 「それにしてもさ、何で父に言うの? 私に言えば、大事にならないのに」

 

次男 「お母さん、アマゾンで買い物できる? 聞いたら、

できないって言っていた」

母 「え? マジ?」

 

家族内で、私の生返事には、定評がある。

 

なんか、そういえば、次男から「アマゾンで買い物できる?」と

聞かれたことがあるような気もした。

 

うちは、夫だけがアマゾンのプライム会員で、「ポチッとさん」係なのだ。

 

夫に「ポチッとさん」係になってもらうと、

無駄遣いは随分、防げる。

(急にマネーライターぶってみた)

 

そんな事情で、確かに私宛にアマゾンからの品は届かないから、

ある意味、正解かもしれない

 

でも、もっときちんと話をしていたら私が買ったと思う。

「古書」なら、プライム会員とか関係ないから。

 

まぁ、別にいいけどね。

って、何のオチもないですな。今日のブログ【も】。