ポワール・ベル・エレーヌ ~2018年9月のおやつ~

2018.10.2

撮影:庄司 あかねさん(A.K Labo オーナー/シェフ) 

 

 

ー今日のおやつは? 

「ポワール・ベル・エレーヌ」といって、

洋梨を使った伝統的なデザートです。

 

ー伝統的なデザートなんですか?

そうですね。

このデザートが考案されたのは、1870年と言われています。

今から150年も前に、フランス料理の父ともいわれている

オーギュスト・エスコフィエという方が考えたそうです。

 

「ポワール・ベル・エレーヌ」という名前は、

オペレッタ「美しきエレーヌ」からきているようです。

そのオペラ、1864年12月17日に

パリのヴァリエテ座で初演が行われたとか・・。

 

ーそんなに昔! 何だか、ロマンチックですね。

このお菓子、チョコレートソースが絶品です。食べ飽きない!

「カカオ」と「甘み(砂糖)」のバランスに、配慮しました。

カカオ分がありすぎると酸味が強くなりますし、

「程よい」という加減は、工夫が必要です。

 

ー洋梨を使うというのは?

「洋梨」「チョコレートソース」「アイスクリーム」

という組み合わせが、このデザートの骨格で。

 洋梨を、「白ワインとレモン」で煮る方もいらっしゃるようですが、

私は、バニラのシロップで煮てみました。お酒が苦手なので(笑)。

 

ーアイスクリームも主張しすぎず、でも、存在感がありますね

アイスクリームは、マスカルポーネを使ったものです。

全体の調和を考えると、サクサクした食感をプラスしたくて、

ラム酒をいれたサブレ生地を合わせました。

 

ーなるほど! いつも全体のバランスを考えていらっしゃいます。

今回は、チョコレートソースが強く印象に残るお菓子だなと感じました

 

秋になったので、チョコレートを使ったお菓子を、

是非、召し上がって頂きたくて。

毎年、この時期になると作るんです。

(お話を聞いたのは、2018年9月25日)