「恥ずかしい」という感覚の萌芽について

2018.12.4

 

上記、次男の制服の膝です。

 

普通、こんな破れ方しないだろう。

 

そんな破れ方を両ひざ、一回ずつ致しまして。

裁縫が得意なママ友に修理をお願いしたこと、過去2回。

 

昨日、「3回目破れた。今までで一番ひどい」と言うので、

「アンタ、(修理に使う)

とも布、購買でもらってきた?」と聞いてみたところ。

 

「いや、さすがに恥ずかしくてさ」

 

え? 今、恥ずかしいって言った???

アンタに、「恥ずかしい」っていう概念出てきた??

 

頂きました!!!!

 

母は、とても。感慨深かった。思えば。

 

お道具の管理ができなかった小学校時代。

中学校になっても、先生に注意されるまで教科書は、失くしっぱなし。

 

そんな息子が、ズボンを破りすぎて、

購買部の方に、「とも布が欲しい」と言うのが恥ずかしいと感じた。

 

これは、大きな、大きな、進歩だと思うのです。

 

夫は、「中学生にもなって、

制服のズボンが破けるような遊びするな」と言う。

 

が、

 

私は、彼が無邪気に友達と鬼ごっこやスライディングなどを

している様子を想像するのは、好きです。

 

母としては、心ゆくまで

グチャグチャ生活をして欲しい。

 

自分で、「恥ずかしい」と感じられるようになったのなら、

そのうち(←ここ大事) 是正できるようになる気もする。

 

な~んて、呑気に書いてみたが

・3回目の修理に出すか?

・近所の背広量販店で似たようなズボンを購入するか?

迷うところです。