「震災遺児の学費」に的を絞った寄付~主婦の金バナ(9)

 

未曾有の大惨事、東日本大震災から丸5年が経った。

あの時、「震災遺児のために何かできないだろうか?」と切実に思い

衣類やベビーカーなどを送るボランティアをしていた。

 

が。悲しいかな、「何かしたい!」という気持ちは風化してしまう。

 

けれども震災の時に胎児だった子が、全員、成人するまでに25年ほどかかる。

その25年間、「大学及び専門教育への進学への学費」に的を絞って支援をしようという基金がある。その名を、「公益財団法人みちのく未来基金」という。

詳しくは、コチラ。

みちのく未来第4期生の集い

 

≪みちのく未来第4期生の集い≫