メルマガ「主婦が始める長期投資」バックナンバー

第12回 年金にヤル気が出た時の話 の巻

■□━━━━━━━━━━
【1】有料セミナーを受けてみた
【2】”食わず嫌い”を問題を考える
【3】みんなわかっていない
【4】いくら自分がもらえるのか?
━━━━━━━□■

【1】有料セミナーを受けてみた
◇━━━━━━━━━━◇
今日は、確定拠出年金の有料セミナーを受けた時の話をしよう。

確定拠出年金の無料セミナーの講師をされていた
竹川美奈子さん。

ブログを読んでいたら
今度は有料のセミナーがあるというので、
申し込んでみた。

有料と無料では 
情報の質と量に、どれほど違いがあるのかな? と。

両方受けてみての感想は、
甲乙つけ難い、という感じ。

つまり、無料セミナーでも、
質は高かった、ということだ。

【2】”食わず嫌い”を問題を考えてみる
◇━━━━━━━━━━◇
正直にいえば、無料セミナーというだけで、
「おかしなことを吹き込まれるんじゃないか」
という偏見があった。

本当に、すみません。。。

何を根拠に、
「無料セミナーは怪しい」と思っていたのか?
と言われても、明確な答えはない。

ただ、何となく、そう思っていただけ。

怪しいかどうかは、
セミナーを受けてから考えてみたって
遅くはない。

食わず嫌いのままだと、
今後、学べるチャンスを損失していく可能性が高い。
だから、”食わず嫌いな感じ”は、手放そう。

トライ アンド エラー でいいではないか!

安全地帯だけにおらず、一歩踏み出してみると
得るものがある。

そんな気持ちになれたことは、
投資を始める上で、
大きなトピックだと思った。

【3】みんなわかっていない
◇━━━━━━━━━━◇
有料セミナーに話を戻す。

有料セミナーでは、竹川さんの前に話をされた
大江英樹さんの話がインパクトがあった。

大江さんは、野村證券で確定拠出年金部長を
されていたという、いわば年金のプロ。

そんな大江さんなのに、開口一番
「年金は難しいです。僕は年金業務についた当初、
”サルでもわかる年金”という本を読んだんですが、
全然、わからなかった。
自分はサル以下なのかと落ちこんだ」
と、言う。

そっか。プロでも最初はそうなんだ。
すごく励まされた。

【4】「自分はどこから、いくらもらえるのか?」
◇━━━━━━━━━━◇
大江さんは、続ける。
「社労士さんになるならともかく、
普通の人は、年金について
自分はどこから、いくらもらえるのか? を
知りたいんですよね?」と。

ええ、そうなんです。

自分は年金をどこから、いくらもらえるのか?

これについては、大江さんに取材を申し込み、
6月アップ予定で、
エキサイトママにて記事にします。
そちらを参照下さいませ。

大江さんのセミナーを受けた帰り道、
スキップしたいような気分になった。

胸の中にズドンとあった、“老後のこと”について
考える始めるキッカケがもらえたからだ。

考えてみれば、随分と捨て鉢な気分で生きていた。

「日本の年金は、どうせ先細りなんでしょ」と、
考えるだけで、グレーな気分になる。

だから、老後のことは、あんまり考えない。
そんな感じで生きてきた。

本来、老後〜人生の終着点〜の迎え方は、
もっと大切にすべき問題のはずなのに。

こうなってしまったのは、
「年金のわからなさ」が、大きな要因だ。

でも、大江さんに、
「年金を考えるための骨格」をレクチャー頂けて、
俄然、ヤル気が出た!!

ヤル気が出た私は、次に何をしたのか?

=続きは、次回!=