メルマガ「主婦が始める長期投資」バックナンバー

第6回 夫にプロポーズ! の巻

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
【1】ハンカチが必要な投資信託のイベント
【2】】「儲かる」だけでは、興味が持てない
【3】夫にプロポーズ!
【4】その時、夫の反応は? 
………‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【1】ハンカチが必要な投資信託のイベント
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」に参加して、
投資信託のマッピングが少し見えた。(第5回参照

では、自分はどう歩いていくか? だ。

答えは、簡単。というか、
難しく考えずに、簡単に考えようと思った。

それは、「興味がある方向に歩いてみる」ということだ。

私が興味を持ったのは、「Fund of the Year 2014」の
第4位にランクインした鎌倉投信「結い 2101」の支持理由の
こんなコメントだった。

「受益者総会が印象的でした。
投資信託のイベントでハンカチが必要だとは思いませんでした」

ハンカチとは、涙を拭うもの。
涙を拭う必要のある、受益者総会って、どんなものなのだろう?

【2】「儲かる」だけでは、興味が持てない
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
「STORY」という人気雑誌がある。
読者層は、40代の女性。

そんなお年頃になると、
ただ、「ブランド品」「高級品」というだけでは、
もはやダメで、モノが持つストーリーが大事になってくる。
うまいネーミングの雑誌だな、と思う。

投資信託も、私の場合は同じだ。
「儲かる」だけでは、興味が持てない。

だから、私が向いたいのは、ストーリーがある方向。

それは、つまり鎌倉投信などの
いわゆる「直販系の投資信託会社」が販売する
「想い」がこもった投資信託を買う方向だ。

でも、それだけだと、バランスが悪い。

「もうひとつの柱、インデックス系(第5回参照)
もフォローしていきたい。」

【3】夫にプロポーズ!
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
そこで、夫に言ってみた。

「あのさ。私は老後もパパと一緒に暮らそうと思っているんだ」と。

夫は、まんざらでもなさそう。

そして、夫に、以下のことを説明した。

1)私達の世代は、厚生年金だけをアテにしていては危険。
だからこそ、自分達で老後資金についての長期投資をしていきたい。

2)投資信託のイベントに行って、
これから我が家で買っていきたい投資信託は
・インデックス系で信託報酬が「安い」もの、
・直販系の投資信託会社が販売する「想い」がこもったもの
という二つの方向性である。

3)前者は、私の名義で買うので、後者はパパの名義で買って欲しい。
なぜなら後者(想いがある方)は売買することは基本的にないだろうが、
前者(安い方)はファンドの動き方によっては売買する可能性があるからだ。

4)給与所得者の場合、株式や投資信託などの
売却益が年間20万円以内なら、確定申告する必要がない。

「夫にプロポーズ!」というロマンチックなタイトルを掲げたわりに、
ガシガシに現実的な話ですみません。。。

でも、夫が投資信託を買うことで、
夫婦の会話が広がるのでは? という期待は大いにあった。
ありすぎた。

【4】その時、夫の反応は? 
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
夫は、即答した。

「イヤだ。何だか最近、急に投資信託、投資信託と
言い出しているけど、何なの? 俺には話が全く見えないけど」

チーン・・。

そして、夫が正しい。

上記の会話をしたのは、夫の通勤途中だ。

朝、夫を駅まで送っている。

送っているといっても車ではなく、
駅まで徒歩で歩く夫の横を、私が自転車を押しながら歩く。
吉祥寺駅前で夫と別れて、私は井之頭公園を散歩して帰ってくる。

妻は、「これから散歩ぉ~!」的な、のどかな気分な訳だが、
夫は、これから職場という戦場に出向く、そんな瞬間だ。

そんな場面で、妻から長期投資がどうしたとか
壮大なテーマを、いきなり振られたところで困惑するだけだろう。

嗚呼! いつも私はこんなんだ。

最近、夕飯のメニューを考えるよりも
投資信託のことを考えていることの方が多い。

世の多くの主婦がそうであるように(え!? 違う?)、
思い込みが激しいので、そうなると、
「世の中すべての人が、投資信託に興味ありまくりで
投資信託について、語りたいに違いない」という感覚に陥っていた。

そんなこと、ありえないし!!!!

当たり前のことを、夫の冷たい(冷静な)態度で気が付いた。

=続きは、次回!=