「本当に得する学資保険の選び方」特集

2015.5.18

「本当に得する学資保険の選び方」特集

【取材時エピソード】

学資保険は、保険会社の「ドアノック・ツール」だ。子どもが産まれた時というのは、保険会社のメイン商品である「死亡保障」を売るビッグチャンス。学資保険は、そんな人達の「心のドア」をノックするためのツールなので、採算度外視で設計されている。消費者側としては、「購入しないともったいない」商品なのだ。

取材は、保険に詳しい竹下さくらさんにお願いした。慶応大学で保険について学び、損保会社の総合職、今は大学で保険の授業をされているという経歴の方。今、保険について取材するのであれば、これほど適切な人はいないと思う。