友人宅のホームパーティに行く 4時間

2015.6.20

P1170316

【完璧なセッティングにワクワクする】

 

「平成26年度のP連会長会メンバーと、山本ふみこさんで集うんだけど、

ぴかりんも是非いらして」と、寵子さまからお誘いがあった。

寵子は、「ちょうこ」と読み、本名だ。

 

ある友人が寵子さんを評して

「夕方、自転車に楽しそうにのっている人が人がいるから

寵子さんみたいだな、と思っていたら、寵子さんだった」と

言っていたが、そのエピソードに象徴されるように太陽のようなお方だ。

 

その寵子さん、私の次のPTA会長さんで、つまりは、平成26年度のP連会長会メンバー。

 

 P連会長会の正式名称は忘れたが、

要は武蔵野市内の公立小中学校18学校(小学校12、中学校6)のPTA会長が集う会だ。

 

1学期に1回、市の主催で市役所の大会議室で開催され、

PTA会長同志が交流を深める場である。

 

寵子さんは、そのメンバーとランチ会やホムパなどをしているようで、

ホムパの時は、「古い人(一期前のPTA会長という意味)」ということで

私も呼んでくれているのだ。

 

今回は、作家の山本ふみこさんを囲んでの会だという。

山本ふみこさんのHPは、こちら。http://fumimushi.cocolog-nifty.com/

 

私はもともと、山本さんのエッセイのファンだった。

 

さらに。山本さんは、武蔵野市の教育委員でいらっしゃるので、

PTA会長時代、他校の式典でお姿を拝見し、

その柔らかな雰囲気に、相当、心、奪われてもいた。

 

今回、 お会いできて、お話して、ますます心奪われてしまった!

素敵すぎる!!!

 

山本さんのブログにも、この日のことが書いてあった。

以下、抜粋。

+++

6月◯日
 チョウコチャンの家に遊びに行く。
 チョウコチャンはわたしの手をとって、家じゅうを案内してくれた。台所の戸棚のなか、地下の倉庫、本棚、家族の作品(紙でつくった監視カメラやドールハウスや、版画。ほかにもたくさん)を見せてくれた。なんと愉快な、愛にあふれた家だろう。
 まるで聖堂のよう。部屋の隅(大振りの器がしまってある地下でもいいかな)でまるくなってみたい。まるくなって眠ってしまうかと思いきや……わたしはそっと祈るのだ。ひともわたしも、愛する力を持てるように。目の前の芳(かんば)しくない事ごとさえもまず愛してみるか、と思えるように。

+++

 

文中にある「大振りの器がしまってある地下」とは、こちら。

P1170330

【業者さんですか?】

 

いやいや、楽しかったし。

全員がPTA会長という、ある意味、怖そうな会合だけれど

「PTA会長に悪い人はいない」という感じで、

みんなパワフルで、お茶目で、心があったかくて。

 

山本さんのHPにあるように、

ひともわたしも、愛する力を持てるように。目の前の芳(かんば)しくない事ごとさえもまず愛してみるか、と思えるように。

 そんな気持ちが沸き出てくるような会だったなー。

 

 

ありがとう! 寵子さん。

 

おまけ

P1170325

【そう。さまのお庭でとれたというビワ】

そう。さまとは、平成26年度のP連会長会の会長様。(男性)

そう。さまのお庭には、自作されたツリーハウスがあるそう。