出会い系に登録する 1時間

2015.9.7

 椅子よさらば!①

【応募写真はコレ】

 

出会い系。

 

見ず知らずの方とネットを通じて知り合うことを

『出会い系』というのであれば、今回の話は、正真正銘の『出会い系』だ。

 

3人の息子の食卓用の椅子は、ストッケの『トリップ・トラップ』というシリーズ。

「足をきちんと床につけて食事をする」ということが、食育上、大切だと聞いたので、

双子の離乳食を始める頃、足板のあるトリップトラップを3つ購入した。

 

あれから10年。

 

私より背丈のある長男をトリップトラップに座らせておくのが

かわいそうな気がしつつも、

長年一緒に暮らしたトリップ・トラップを手放すのは忍びなくて、

なかなか「次のステップ」に行けなかった。

 

確か栗原はるみさんだったと思うが、娘さんが小さい頃に使っていたトリップトラップを

解体してとっておき、お孫さん(娘さんのこども)が使っているという話を

雑誌で読んだことがある。

 

素敵!!!

 

我が家には天井裏に大きなロフトがあるので、上記のように孫の代まで残しておくことも

考えたけれど、なにせ息子3人。お嫁さんにとっては、かえって迷惑だろう。

 

そんな逡巡を経て、手放すことを、ようやく決めた。

 

できれば3脚まとめて、譲り受けて下さる方に引き渡したい。

身近にそんな人は思い浮かばなかったので、

ジモティ http://jmty.jp/tokyo に応募することにしたのだ。

 

必要項目をインプットし、

自分の身分証明書(2種類)を写真で撮影し、アップロードをすれば登録完了だ。

全てネット上での作業で完結するのは便利だと思った。

 

そして迎えた『出会い系』デビューの日。

ドキドキしながら、簡単な自己紹介と冒頭の写真をアップすると、

次から次へと13通もの応募や問い合わせがあり、1日余りで応募は締め切った。

 

私が希望した条件は、以下の2つ。

 

3脚一緒に引き取って下さる方。

家までとりに来て下さる方。

 

その両方の条件を満たしていない方には、早々にお詫びのメールを送った。

 

「ネットで出会う人は怖い」という妙な先入観があったせいか、

「逆ギレされたら、どうしよう??」などと思っていたが、それは杞憂だった。

 

こんな感じで、みなさま、とっても感じが良い。

 

+++

ご丁寧にご連絡くださり、誠にありがとうございます。
そうですよね・・・
私も3脚購入したいと思いましたので、
とっても人気があると思います!
2日に1回くらい、「ストッケ」「トリップ」で検索しています・・(笑)
是非、素敵な次の持ち主様へお譲りください。

+++

 

結局、私と同じ3人の男の子のママに、エールを送るつもりでお譲りすることにした。

とても喜んで下さって、

翌日、息子さん達が食卓で使っている様子の写真を送ってきて下さった。

 

きっと新しい家族の中で、トリップトラップは、再び使命を果たすことだろう。

モノの命の連鎖を繋げられたようで、とっても嬉しかった。

 

 

椅子よさらば④

【今まで本当にありがとう!】

 

 椅子よさらば⑤

【次のお家でもがんばってね】

 

ありがとう、そして、さようなら!!