万年筆の修理に行く 30分

2016.2.24

万年筆の整理

【銀座・伊東屋で修理に出す】

万年筆は、商売道具。

3本持っているが、そのうち2本の調子が悪くなったので

伊東屋に修理に行った。

 

マイスターみたいな人が、拡大鏡でペン先をチェックしてくれて

「すこし反ってしまっているので、1泊してお直ししましょう」とのこと。

 

伊東屋の良いところのひとつは、アフターフォローが丁寧なところ。

 

腕時計も私は伊東屋で買ったものを使っているのだが、

電池交換や修理の際、いつも「最上級のおもてなし」をしてもらった気分になる。

そういうのって大事だよな。

 

品揃えでいけば、ロフトや他の文具専門店も悪くはないのだけれど、

「おもてなし」感はやっぱり格別なので、

いつまでたっても私は「文房具は伊東屋で」派です。

 

それにしても。

伊東屋の万年筆コーナーは、男性比率が高いわ。

私が修理の手続きなどをしている間、

かなりの人が入れ替わり立ちかわりきたけれど、

男性ばかり。万年筆文化というのは、男性に支えられているのねぇ~。

というのが、新たな発見でした。