ぼっちゃん達の懐事情(7月29日現在)

2016.7.29

昨晩。

取材先から夕飯の時間までに戻れないので、

途中下車して、「夕飯、お弁当買って」と電話した。

 

すると。

「おやつをいっぱい食べちゃったから、今日は夕飯いらない」と。

 

ほー、そうか。 ま、たまには良いだろう、それも。夏休みだし。

 

良かった! と、ばかりに帰宅後、就寝。

 

 

今朝。

「昨日のおやつ買い出しのレシートを見てもらいたい」と、

双子Aが、レシートを持ってくる。

 

・すじこおむすび

・たらこおむすび

・ファミチキ

・よっちゃんイカ

・ジュース

 

買いたい放題! 

 

この他に、母が作ったホットサンド3切れも食べている。

そりゃ、夕飯いらんわ。

 

母:「すごいね。コレ。どうしたの?」

双子A:「いや、お金一杯持ったらさ、わくわくしちゃってさー、

一杯、買ってしまったんだよね」

 

先週末、祖母が遊びに来て、5千円を頂いたのだ。

「この夏休み、それをおやつ代にしてみたら?」と、提案したのは母。

 

それにしても。

こんなにバカだったのか! と、笑える。

 

でも、人生で初めて大金を手にして、

「何でも買える!」、とワクワクした気持ちはわかる。

その気持ちを感じたことは、大事だと思う。

良かったね!

 

 

双子A:「でも、双子Bの方がヤバいよ。俺よりもっと買っている」

双子B:「そんなことないよ」

母:「レシート見せてよ」

 

・すじこおむすび

・たらこおむすび

・ファミチキ

・串揚げ(not よっちゃんイカ)

・ジュース

 

双子A:「ほら、双子Bの方が42円高いじゃん」

母:「そういう問題じゃないよね? そこって、単によっちゃんイカと串揚げの値段の違いな訳だし、そもそも、これで大丈夫だと思っているわけ?」

 

双子A,B「ヤバいと思っています」

母:「どうするの?」

双子:「残り30日を、4300円で乗り切るためには、1日130円くらい使える」

母:「計算できるじゃん!」

 

問題は、それを守れるか?ということだ。

 

ということで、小遣い帳をつけることになりましたとさ。

途中経過、アップしていこうかな。彼らへのヘッジになるかな?