鴨川読書報告(「近代文学と文学者」「コンビニ人間」)

2016.8.18

一括変更_P1220045

【ガッツリ、読書】

 

鴨川で、私は、おおむね読書をしていた。

 

付箋を貼ってまで読みこんだのは、

「近代の文学と文学者(中村光夫/朝日選書)」

 

2007年の夏(今から9年前だ!)

当時住んでいた札幌で、井上ひさしさんの講義を受けた。

おそらく、のべ日数で1週間くらいだっただろうか?

 

生まれて初めて見る、「作家」という人種が持つ

その言葉の「過不足のなさ」に強い衝撃を受けた。

 

その時に井上ひさしさんが

「文章を書いていきたいのならば、近代文学全集には目を通しなさい」

とおっしゃっていたので、挑戦したことがある。

 

坪内逍遥の「小説真髄」、二葉亭四迷の「浮雲」までは何とか読めた。

(古典の文章を読むのは、普通の読書とは全く違うが)

 

けれども、その後の北村透谷。ここで挫折した。

 

例えがちょっとアレだが。

明治神宮の参道を歩いていると肌で感じる

天から地面に向かって刺さっているような「気」、

北村透谷の文章には、そんな感じの強い「気」を感じ、

読めなくなってしまった。

 

つまりは、彼の文章に漂う気迫に負けたのだと思う。

ちなみに、北村透谷は25歳5ヶ月で自死している。

 

「近代の文学と文学者(中村光夫/朝日選書)『上』」では、

 1)文学とは何か

 2)明治をかえりみて

 3)北村透谷

 4)開拓者の時代

という4章だてになっており、

「北村透谷は、やっぱり乗り越えられない『海峡』だったんだ」と、何だか安心した。

 

日本の近代文学の海はあまりにも広く、深く、

私はアッという間に溺れてしまった。

 

けれども、中村光夫という「ボート」を得て、一息ついた気分。

この「ボート」を拠点に、もう一度、日本の近代文学に触れてみようかな、

と思えたのが今回の収穫。

 

★中村光夫:文芸評論家。芥川賞選考委員を30年を務めた。

村上春樹の「1973年のピンボール」が芥川賞候補になった時に

大江健三郎と吉行淳之介が支持、井上靖と中村光夫は拒否したことは有名。

その後の村上春樹の活躍を見ると「見る目がない‼?」と思われそうだが

私は中村光夫の感性と感覚が、自分に合っていると感じている。

 

ちなみに。

1973年のピンボールの芥川賞の選評も的を得ているという意見

ネットで発見したのでリンクしておく。

 

 

一括変更_P1220047

【久しぶりに買ったよ】

 

「コンビニ人間(村田沙耶香)」が全文記載されてるので、

鴨川に行く電車の中で読もうと、キオスクで文藝春秋を買った。

 

久しぶりにパラパラめくって思ったこと。

「私は雑誌を買わないが、

息子たちのために、家の中に転がしておいてもよいかな?」。

 

今さらだけど、品格のある雑誌だよ、文藝春秋。

姉妹誌‼?のスプリングセンテンスとは大違い。

 

で。

 

「コンビニ人間」

 

未来の手触り。

「キュッ、キュッ」と音がするような、そんな手触りで

読後感は、スコーン!と、爽快だった。

 

芥川賞をとった作品というのは、

多くが、「これが『お芸術』で、ございますのね・・」と、いう感じで

読むのに困難を極める(私の場合)。

 

その困難さは大別すると

1)マジで!! 何を言いたいのか(伝えたいのか)理解できません!

2)文章や世界観が、生理的に受け付けない

の2タイプに分かれる。

 

ちなみに、かの有名な「火花」は後者。

数行読んで、「無理だから!」と本棚に置きっぱなし。

 

その点、今回の「コンビニ人間」は、

ものすっごくフレンドリーに読めたし、生理的にも好きなタイプの作品。

 

ここまで夢中になって読んだのは、

多和田葉子さんの「犬婿入り」(1992年・第108回)ぶり。

ちょっと(かなり)興奮した。

 

★多和田洋子:作家。ドイツ在住で、ドイツ語での著作も多数。

村上春樹よりもノーベル賞に近いかもという意見

拾ったのでリンクしておく。