「片付けの引き際」 by かたづけ士の小松易さん

2016.8.28

かたづけ士の小松易さんが、こんなことを言っていた。

+++

「1日・1ヶ所・15分」で
片づけるように、
仕事がある平日でも「30分」、
お休みの日でも「120分」を目処に。

スマートフォンのタイマーで計り、
時間が来たら潔く終わらせるのがコツです。

すなわち、引き際を考えて
片づけを完了させる意識が、
「またやろう」という
「明日の片づけ」につながるのです。

いずれにしても「引き際」で
肝心なことは、

(1)引き際とは「線引き」だということ

(2)その「線引き」は自分しか決められないということ。

+++

うん、本当にそうだなと思った。

 

どこの家にも魔窟はあって

「いつか、ちゃんと片付けよう」と思っているが、

「いつか」なんて、多くの場合、永遠に来ない。

 

ずっと、「あ~、ココ、散らかってるなぁ」という気分を

抱き続けるだけ。それって、すごいストレスなんだよね。

 

引き際を決める。

15分で、何ができたのか? 

 

そういう+の視点、アリかもなぁと思った。

 

引き際を決めておけば、とっかかりの億劫さも軽減される。と思う。