ぼっちゃんの「お道具箱」問題

2017.1.10

 

本日より3学期が始まりました。

つまり、冬休みが終わったということですね。

 

これから私は遠方に会食取材(取材しながら会食)という

なかなかのハード業務なのですが、

その前に、魂の叫びを、ここに書き記しておきたい。

 

2学期の終業式の日、双子Aはウィルス性腸炎により欠席。

担任の先生よりお電話を頂いた。

 

先生 : 「ダイジョブですか(うんねんかんねん・・と心配頂く)

それで、双子Aくんの荷物が学校に結構、残っているんですが」

 

母 : 「じゃあ、私がとりに伺いますね」

 

それを聞いていた双子A。

A「俺も、行く!!」

 

母「何言っているの? アンタ、40度の熱が出ているんだから、ダメでしょ」

A「でも、アレを見られたら、俺はおしまいないんだ」

 

母「アレって、何?」

A「道具箱」

母「大丈夫。アンタを育てていて、たいがいのことでは驚かないから」

 

けれども、道具箱については、わりと、我が家の鬼門です。

9月下旬に次男のお道具箱が自宅にあった件

見なかったことにしておきたい件3つ

 

から~の。

 

学校に到着

先生に上記エピソードを御披露した後、一緒にお道具箱を御開帳。

 

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%a4%89%e6%9b%b4_p1220926

【道具箱の中が空っぽだった件】

 

母 「よくこれで生活できていますよね~(感嘆)」

先生 「それが・・・(言いにくそうに)

2学期の終わり頃、片付けを少し頑張っていたことがあって、

『これだったら、きっと、片付けのところの成績あがるよね』

って、私に何度も言いにきてくれて」

 

母 「アピールしてたんですかっ!!!!!」

 

先生 「ええ、とっても。でも、彼なりには頑張っていたと思うんですけれど

一般的にみると、やはり・・・」

 

母「いや、そんなん、一般的に見てどうかを、

ちゃんと突き付けてやって下さい」

 

先生「ええ、ですから、あの、その」

 

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%a4%89%e6%9b%b4_p1220924

【むしろ成績が下がっている件】

 

先生「もうちょっとね、細かい評価があったら、

成績をあげてあげることもできたんですが・・・」

 

母「先生、ちゃんと悪い成績つけて下さい。

むしろお願いです」

 

てな訳で自宅に戻ってきました。

 

ちなみに、双子Bのお道具箱はこちら。

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%a4%89%e6%9b%b4_p1220920

【お道具箱外観】

 

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e5%a4%89%e6%9b%b4_p1220921

【鼻水かんだカピカピのティッシュなどが入っている件】

 

もうね、こんなもん2名を学校に送りだしているかと思うとね、

先生方に感謝しかありません!!!!!!(号泣)