家庭調査票 的な?

2020.6.5

実質的な新学期が始まった今週、

家庭調査票 的な書類の記入依頼があった。

 

正確に言うと、三男からは依頼を受けて、

次男は、郵送されてきた書類を私が書き、

彼が勝手に提出していた。

 

家庭調査票の最難関は、

「自宅までの地図の記入」である。(私、調べ)

 

「地図が読めない女」の私が、どうやって地図を書けと?

 

毎年、夫に依頼するしかないのだが、

夫が面倒くさいようなそぶりを示すと、

軽く、不穏な雰囲気が夫婦の間に漂う。

 

だからなのか、さすがなのか! 三男は

「ここは、俺がやるから大丈夫」と、サラリと言い。

 

地図を印刷して、赤ペンで線を引いた

「自宅までの地図」を自作しており。

 

すごくない??!!!! と、母は息子の成長に驚いた。

…と、ここで、次男の分の家庭調査票が気になり聞いてみた。

 

「アンタさ、お父さんに地図書いてって置いておいた

家庭調査票、見当たらないけど、大丈夫?」

 

「地図なかったけど出しておいた。大丈夫だった」

 

え!? そうなの???

「あれは、健康保険証さえ貼ってあれば大丈夫」とのこと。

 

まぁ。。。いいけどね、それでいいなら。

 

「お!!!! お前が期日にちゃんとプリントを、出せるのか! と、

先生に褒めてもらったよ」とのこと。

 

ハードルが低く設定されている人って、楽なんですね。。。

 

義務教育の時なら、この話を聞いて私も冷や汗が出たと思うのだが、

高校生ならね。学校と本人がいいなら、いいかなと思った。

 

因みに次男の調査票には、「仲の友人の名前」の記入欄があり、

次男に聞いてみると、自ら「書きません」と、記入していた。

 

高校生ならね。学校と本人がいいなら、いいかなと思った。

(アゲインで呟いてみる)

 

親の出る幕は、ますます減っていく。

もとい

親の言うことなんて、聞かないのが当たり前。

 

そこを母が腑に落としていく時期にさしかかったと自覚した

双子・高校1年生の春でした。