にじ画廊に行ってきた ~テンランカイ4ひきのくま~

2021.10.1

【シルクスクリーンや絵葉書を購入】

 

4ひきのくま
マット和子・すずきもも・山岸みつこ・INO
2021 9.30(木)-10.5(火)
12:00~20:00(最終日17:00まで)


札幌の「まるやまものつくり舎」から2年ぶりに
4ひきのくまがおじゃまします(襲いかかりません)。
イラスト・絵本・雑貨をはじめ、焼き菓子や珈琲豆も並びます。
かわりばんこに少人数で在廊いたします。

 

在廊日など、詳細は、コチラ。

 

 

「まるやまものつくり舎」吉祥寺広報部長としては、

初日、張り切って行ってきましたよー!

 

今回も、かわゆしものが盛たくさん!

 

夫も、「まるやまものつくり舎」のファンなので、

毎回、必ず展示を一緒に見に行くのだが、

昨日は、仕事が忙しそうな御様子。

 

が。

 

夕方、電話がかかってきて

「行けそうだから、行く!」ということで、

夫婦で雁首揃えて行ってきました。

 

夫は、差し入れとして

「イシヤ 新宿」のお菓子を

購入してきており。

 

イシヤ新宿って、「白い恋人」で有名な

北海道の石屋製菓の直営店。

 

「サク ラング・ド・シャ」など、

東京でしか買えない石屋製菓のお菓子があるらしー。

 

北海道の方々に、そーゆーのをプレゼントできる

センスというのに、私は脱帽するのです。

 

情熱があるんだろう、そーゆーことを

調べることに対して。女子力、高っか!

 

ちゃま。と一緒に

 

で。

 

展示は、安定のかわゆさ。

 

初日のせいか、人がたくさんいたから、

「まるやまものつくり舎」ファンの人は、

早く行った方が良いと思うよ。

 

で。

 

私は、マットさんのシルクスクリーン、

夫は、すずきももさんのグッズなどを購入し。

 

マットさんの美大のお友達などと

談笑できて楽しかった。

 

美大に通うって、憧れますー!

 

絵心皆無の私としては、

「絵が描ける」って、「空が飛べる」と、

ほぼ同義語くらい、遠い話でして。

 

でも、仕事でイラストレーターさんとは絡むので

イラストを依頼する際には私が「絵コンテ」を描くのだが、

その拙さに、毎回、自分で大笑いする。(いつかネタとしてブログにあげようかな)

 

それくらい、画力が低い私なので。

だからこそ!

 

「絵を描く人」の持っている雰囲気というのは

大好物です。(その1)

 

いろいろお話しできて嬉しかった!!

 

で。

 

マットさんは、前・前回の展示(4年前)に偶然展示を見にきてくれた

フランス人のカップルのアーティストとお友達になったそーだ。

 

その方たちと数年越しで交流した物語も、

とっても素敵で、うっとりした。

(マットさんが、カップルのアパルトマンに棲んだ話とか)

 

そんでもって、その交流から生まれた

絵本が、今、フランスで売り出されているらしい。

 

冒頭の写真のシルクスクリーン(右側)は、

その絵本のシーンです! 

 

クリエーションが国境を超える話とか

大好物です。(その2)

 

昨日の余韻に浸って、

今朝は、玄関飾りを、テンランカイ4ひきのくま

バージョンにしました。

 

【まずは、絵葉書をクリアな額縁にいれてみた】

 

2021年の秋バージョンの玄関周りの様子は

来週にアップする予定です。