次男の新学期

2022.9.6

先週、三男の新学期が始まるにあたり

余裕をぶっこいていた次男の新学期が始まりました。

 

お定まりの、「制服のベルトがない~」捜索大会から~の。

 

次男 : お母さん、制服って、ほんとにコレ?

母 : そうだよ。何か?

次男 : ピチピチなんだけど。

 

そんな声に誘われ、次男の姿を見てみると

確かに、お尻のあたりに肉がついている。

 

母 : 部活を引退して、部活をやっていた頃と

同じだけ食べていたからね。

次男 : ねー、マジで、ピチピチじゃない? 大丈夫?

 

そんな会話を5往復くらいはしたかしら?

 

母 : 大丈夫だよ。今日、学校でデブ。くらいは

言われるかもしれんけど、今日だけだから。

次男 : え? まじ??

 

ほとんど会話をしない次男にしては、

やけに気にしていたな~、と思い出しながら書いている、ナウ。