「心地良いお金の話」の方向性について

2015.10.1

仕事で「本当のお金持ち」に会う機会があるが、

彼らに共通する特徴がある。

 

それは、彼らは

「お金の豊かな面にフォーカスしている」ということ。

 

とかく、庶民がお金の話をすると、

「節約」だとか「管理を上手にする」とか。

眉間にシワがよりそうな話になりがち。

 

けれども「本当のお金持ち」は、

庶民とは違う感覚で、お金をとらえている。

 

お金に対して、まるで尽きることのない泉のように

 豊かなイメージを持っている。

 

そんなメンタリティのあり方こそが

「庶民」と「「本当のお金持ち」の差を産んでいるのではないか?

と、私は考えるようになった。

 

マネーの達人さんから、「今までにないマネー記事を書いて欲しい」

という依頼があった時に、「お金の豊かな部分にフォーカスする記事」を

書きたいと思った。

 

イメージとしては、ゴダイゴが歌っていた

ビューティフル・ネームという歌の歌詞が近い。

 

それぞれの人が、「お金を心地よいと感じた瞬間」の煌めきを

ひとつ、ひとつ集めていったら、

それは豊かなエネルギーの集合体になるのではないか?

そんなことを考えている。