【コラム】発狂の後で

2014.5.12

すでに子どもは学校にいった静かなリビングにて。朝から、些細なことで子どもを叱り飛ばし、それは、もはや”発狂”という気配する漂うくらいの勢いで。叱っている時は、ヒートアップしているのだけれど、ふと我に返って自己嫌悪。

 

あんなに怒るべきことだったのだろうか? と自問自答してみると、答えは絶対にNOな訳で。息子の性格を考えたら、あんな怒り方をしたら、完全にマイナス。どうして、前向きな声掛けができなかったのだろう? と、ひたすら項垂れる。

 

仕事が忙しすぎるのかもしれない。私自身、余裕がないのかもしれない。

「かもしれない」のではなく、「そうなのだ」と思い至る。はぁ。仕事と主婦の両立は、永遠のテーマだなぁ。