布巾を干す ~主婦的幸せ時間  1~

2015.6.18

布巾を干す

【天気の良い日に布巾を干す】

 

私は、どんな時に幸せを感じているのか? というのを、

数えていくことにする。

 

題して、「主婦的幸せ時間」。

 

突っ込みどころ満載のタイトルだが、まぁ、いっか、と始めてみる。

 

 

第1回は、「天気の良い日に、大きな物干しで、布巾を干している時」。

 

 

天気の良い日に洗濯物を干すっていうのは、それだけで気持ちいい。

 

加えて、大きな物干しというのも、ポイント。

 

物干しが小さいと、工夫しながら干さなければならず、

そういうことは一切気にせず、のーびのびとした気分で干せる幸せ。

 

最後に、干すものは布巾。

全部四角なので、きれいに干せる。

 

この写真をとった時は、ちょうど友達がランチに来ていて、

「好きな料理研究家は誰か。それはなぜか。どんな点が好みか。」についての話をしていた。

 

好みの話題を、気の合う友達と、ダラダラしゃべりながら、片手間に家事。

 

こんな時間は、最高っす。

 

あ。

私は、「友達が来ているのに、家事をする女」です。

ある日、掃除機をかけていたら、横にいた友達に

「まずは、お茶、出そうか?」と言われたことがある。

 

その友達は数年ぶりに我が家に遊びに来ていて

「前もそうだったけれど、今でも、友達来ている時に、家事しているんやね。

ある意味、すごいわ」と、関西弁で言われた。

きっと本当にそう思っているんだろうなと思った。

 

ほとんど無意識に家事をやっている、というか、

友達来ているということを、あんまり気にしていないと言った方が正しいのかも。