ブロムシュテットと先生が共演していた件(ビオラレッスンメモ)

2018.5.7

121回レッスン記録 5月7日(水) 9:30-11:30

 

【N響を聴いてきた話】

 

N響を聴いた後、初めてのレッスン。

先生はレッスン前にいつもお茶を出して下さるが、

そのレッスン前トークの開口一番、

「先生、10年ぶりにN響に行ってきたんです」と、切り出してみた。

 

私のビオラの先生である渡部啓三先生は、

元N響のビオラ奏者。

 

余談ですが。

今、渡部先生のお名前を検索してみたら、

若手音楽家の演奏会案内がヒット。 (室内楽を渡部啓三氏に師事ってある)

プロの演奏家と同じ先生に教えてもらっていることに感激した。

 

 

話を戻して。

 

その流れから、先生が30年ほど前の

「フィルハーモニー」(NHK交響楽団の機関誌)を、12冊くらい

見せて下さった。(12冊を束にするフォルダーがあるのだ)

 

その頃の「フィルハーモニー」では、

団員にクローズアップしたインタビュー記事があって

その方についての、お話しなどをする。

 

野球が好きな人が、野球選手の話をするのが楽しいのと同じ”ノリ”で、

N響メンバーは私にとっては憧れだから(芸能人のようなもの)、

その方のプライベートのエピソードが聞けて楽しかった。

 

【ブロムシュテットと共演】

 

「フィルハーモニー」には、「演奏会のプログラム」も記載されていて

(どちらかということ、こっちがメインだな)

そこに、ヘルベルト・ブロムシュテットの名前を発見。

 

私。「先生、ブロムシュテットと共演したこと、あるんですか?」

先生。「うん、あるよ。何度も」

 

まーじーすーかーーーーーーー!!!! 

 

何でしょうか? この興奮。

友達の友達は、みな、友達 的な??

 

殿上人(てんじょうびと)だと思っていた音楽家が

身近に感じられて嬉しかったのだと思う。

 

先生に見せて頂いていた「フィルハーモニー」は、

1980年代のもの。

 

ブロムシュテットは、現在、御年91歳だけれど、

30年前は60代(当たり前ですね・・)

 

ちなみに、ブロムシュテットが

50代くらいの頃から、振ってもらっていたそう。

 

私。「50代のブロムシュテットって、どんなんだったんですか?」

先生。「いや、それが全然、変わらないのよ。

音楽に対して、本当に誠実で真面目な感じがね」

 

ハァ~、恰好いい!!!!

これで、お茶碗3杯はいけるエピソードだわ。

 

30年前のN響を振っていたのも、(今もそうだが)

海外の指揮者が多く、こんな質問もしてみた。

 

私。「指揮の指示は英語なんですよね?」

先生。「英語もあるし、フランス語もドイツ語も、イタリア語もあるよ」

 

私。「全部の言語、わかるんですか?」

先生。「音楽に関する用語は、わかるものだよ」

 

ハァ~、恰好いい!!!!

これで、お茶碗3杯はいけるエピソードだわ。(その2)

 

そんなこんなで、私が大興奮をしている間に1時間経過・・・。(レッスンは、2時間です)

 

先生。「楢戸さんの場合は、こういう話もレッスンのうちだね」と、

笑っていらした。