「通報されない程度に、がんばれ!」と保育園の園長に言われる

2016.7.25

一括変更_P1210605

【富ちゃんの北海道土産】

 

富ちゃんとは、息子3人が北海道で通っていた保育園の園長先生である。

 

そう。出会いは、「園長」と「保護者」という関係だったのだが、

出会って12年経った今となっては、

「そういえば、富ちゃんって、園長だったよね?」くらいな感じ。

 

そもそも、息子たちが富ちゃんの保育園に通っていたのは、3年間。

その3倍くらい長い時間、「友達」をやっているんだから

当然っちゃー、当然。

 

でも、今でも、

育児のことを相談すれば、「ド・ストライク」の回答をくれる

めっっちゃ! 頼りになる、我が家の育児アドバイザーでもある。

 

そんな富ちゃんが、先日、東京に来た。

富ちゃんは札幌市の保育園連盟みたいなのの理事をやっていて、

その関係で東京には、わりとよく来る。

 

東京に来た際には、一緒にご飯を食べることが多い。

 

先日、ご飯を食べた別れ際、

「(虐待だと)通報されない程度に、育児、がんばれ!」と、言われた。

スゴイ励まされ方だなぁ、と思ったので記しておく。

 

だって、「園長」だよ?

息子たちが通っていた保育園は園児が120人くらいいる立派な園だったし、

加えて、札幌市の保育園関係者の偉いさんなんだよ?

 

その人が、(元)保護者に向かって、虐待ですと!?

 

まぁ、よろしい。

 

「富ちゃん語録」をつけたくなるほどに、

富ちゃんが言っていたこと(他人に)も、

私に言ってくれたことも、インパクトあるんす。

 

そんな訳で、他にとっちらかっているシリーズがあるものの、

富ちゃん語録シリーズも、ひっそりと始めてみる。