中2男子と片栗粉

2018.12.14

中2男子が、ハッシュドビーフのルーを

片栗粉を使って調整していた話。

 

次男の学校は期末テストが終わり、

「なんとか期間」とやらで、学校すらない。

 

私立の中学校って、

こんなもんなの?

 

そんな訳で、炊事、洗濯、掃除は、

一手に、次男に任せている。

 

昨晩は、ハッシュドビーフ。

 

牛の塊肉を圧力鍋で柔らかくするとこまでは

私がやっておき、後は彼に任せた。

 

仕事から帰ってくると、

ハッシュドビーフは、

普通に出来上がっていた。

 

が。

 

三男からタレコミが。

 

「ハッシュドビーフのルーが

固まらないからって、片栗粉使っていた」と。

 

うける。

ハッシュドビーフは彼らの大好物で

できるだけたくさん作りたかったであろう。

 

彼は、

水を、ジャブジャブにしたんだろうねぇ。

ルーは2箱用意したけれど、足りなかったんだろうねぇ。

 

だから、片栗粉でトロミを強化。

 

母:「アンタ、片栗粉でトロミつけられるの知ってたんだ」

次男:「うん、知ってた」

 

母:「片栗粉、水でといてから入れた?」

次男:「いや、そのままブチ込んだ」

 

そのまま、いれたんだ。。。 ふ~ん、そうなんだ。。

でもダマにもならず、普通な仕上がりだった。。

 

片栗粉は、

水で溶かないととダマになる。

 

私はそう信じて、

水で溶かずに使ったことなかったけれど

以外と大丈夫なのかな?

 

これって、大人になってからの

ひとつの発見なのかな?