【覚書】他者に甘えず発信する

2019.7.18

今朝の勝間さんのメルマガより。

彼女自身のYOU TUBE の動画回数が

アップしたという話。から~の。

+++
いやぁ、ほんと、重い腰を上げて初めて良かったです。
やはりテレビをやっていた頃には、色々な人が自分のためにプロデュースしてくれて脚本を考えてくれて、
出演の場を設けてくれるからいいかという甘えがあったんですよね。
そういうような甘えを断ち切ってから始めて動けたような気がします。
人間のこういった無意識のモチベーションって、なかなか難しいです。
+++

私のメンターの一人である本田健さんが、
「お金をもらわなくてもやりたいくらい好きなことを、

仕事にしなさい」的なことをおっしゃっているのですが。

まぁ、それは、

「きれいごと、すっぎっだろ!」にせよ(おい!)。

 

書く。ということは、私にとっては呼吸をするような
生理的なエリアの話でして。

でも、やっぱり仕事で書くとなると
編集者さんに甘えてしまうのであ~る。

ここのところ。

「編集者さんに甘えているなぁ。ダメだなぁ」

ということが続いていたせいか、

上記が、心に突き刺さりました。

書きたいから、書く。

そんな純粋な衝動を忘れずに、文章を書いていきたいな。