洗面所の掃除 10分

2011.3.4

全ての家事のマニュアルがあるといいな。ラブラブ!

そう思ったのが、このブログを始めるキッカケの

ひとつです。

マックといって思い出すのは「スマイル0円ニコニコ」と

「マニュアル完備ドキドキ」。

やり方を試行錯誤したり、

時間の目処がたたなかったり、

やるか、やらないか、逡巡したり。

そういう「実際の家事作業以外に使うエネルギー」が

家のことを面倒ドクロだと感じる大きな要因だと感じてます。

そこの部分をマニュアルを作ることでフォローできたら、いいな合格

私は息子達が18歳になったら

家事現役を引退するつもりなので

息子達に、「はい、これね」と、

マニュアルを手渡したいのですドンッ

その日を夢みて、がんばろうアップ

アイスランドレシピ

【用意するもの】

フロッシュオレンジクリーナー、スポンジ2種、歯ブラシ、

ゴム手袋、窓硝子掃除用のやつ(写真アップします)

【やり方】

電動歯ブラシをタオルで拭く

スポンジ(食器洗い用)でコップ、石鹸入れ、鏡を洗う。

鏡は、窓硝子掃除用のやつでアワや水分をぬぐう

鏡をかわいたタオルで拭く

洗面所のボール部分や周辺を、スポンジ(洗面所用)に洗剤をつけてあらう

排水溝の器具を歯ブラシであらう

歯ブラシで、水栓や蛇口付近をこする

水で流す

ボール付近の水分を乾いたタオルで拭く

アイスランド解決ポイント

一度、全部拭き上げる

→デイリーで使うところほど、

掃除をどこまでやるか」は迷うところ。

たとえば洗面所だったら、

「どうせすぐに濡れるから」と、乾いたタオルで拭き上げないと

終わった気がしない

ここは、ひとつ、ホテルのメイキングサービス係になったつもりで

きちんと、「掃除が終わった」ということを自分に知らしめてあげる

それが、次回へのモチベーションに繋がる。

気持ちいいです、拭き上げられた洗面所

アイスランド頻度

週1回

種別:デイリー