プロ妻は、夫をダーリンと呼ぶ

2019.12.16

西島秀俊が結婚を決めた時、

そのお相手の完璧な立ち居振る舞いに対して

マスコミは、「プロ彼女」という名称をつけたが。

 

それにならっていうならば、

プロ妻。

っていう人種がいると思う。

 

40代~50代あたりは、結婚して20年前後だから、

多くの妻たちは、「文句を言いながらも、夫と一緒にいる」的な

テンションで暮らしていると思っていたのですが。

 

あ。うちの場合は、

夫に感謝しかありませんけど??

 

よくぞ、私と結婚してくれました!

よくぞ、私と結婚し続けてくれています!!

 

で。

 

私の知り合いのプロ妻たちは、

今も尚、完璧に素敵な愛され妻。なんす。。。

 

最近、立て続けに、プロ妻(専業主婦)の方々に、

御相手をして頂く機会がありまして。

 

え!? この気遣いで

旦那さんに、尽くしているの??

 

プロ妻の旦那さまは、

年収が高い、プロフェッショナルなご職業。

 

年収が高い人が、プロ妻と結婚できるのか?

プロ妻と結婚したから、年収が高い職業を維持できているのか?

 

鶏か卵か? の議論は、いずれ考えるとして。

 

私の知り合いのプロ妻たちは、

皆、旦那さまを、ダーリンと呼んでいます。

 

内助の功とか、「死語」だと思っていたけれど、

今どき、こういう人種も、いるんだな~って思った。

 

あ? プロ妻たち、随分前からの友達なんだけど、

その威力を、最近、思い知ったってところですね。。。

 

いやはや、凄かった!!!!!

 

私も夫をダーリン。って呼ぶところから、

始めてみようかしら? 

やめとけ! 

そもそも、誰にも望まれてないし、無理だけど。