芳麗さん と 画伯

2021.1.4

新年あけましておめでとうございます!

 

新年は5日からスタートする予定でしたが

本日予定していた「オスカー会」を自粛することにしたので、

今日は、仕事をします。

 

「オスカー会」とは、芳麗さんと画伯(平松昭子さん)と

私の3人の会合の名前。LINE名ってやつ!?

 

今日会う予定だった二人が、

個人メディアを始めたので紹介します。

 

芳麗の女と文化の話cafe

 

芳麗さんは、女性誌のトップライター。

 

これまでも数々のメディアで文章でのコラムを持っていたけれど、

これは、音声のコラムです。

 

彼女、NHKのレポーターだったこともあるので

話をすることがとっても上手だと私は思うのだが、

本人はスーパー人見知りだったと語っている。

 

聴くチカラは人生を変えたって!

 

どのコラムも、しみじみ、「あ~、そうなんだ」って思う。

お姉さんが妹に語るような滋味な優しさに溢れている。

 

 

Akiko Hiramatsu YouTube

 

平松さんは、イラストレーターでファッションブロガー。

 

平松さんのブログはキラキラで、見ると必ずアガる。

 

この世界観で勝負すれば、「キレイ売り」もできるだろうーに、

なーぜーに、You Tubeでは、三枚目風味なのだろうか?

 

そこが、平松さんの、平松さんたるところというか。

 

20年以上知り合いだけれど、今でも、いつでも、

「想定内」の「外」のことをやっている、

もとい、いつも意表をつく感じの方なので、

大いに刺激をもらっています。

 

平松さんとYou Tubeで共演しているのは、息子くん。

私は彼が小さい頃、本当に赤ちゃんの頃から知っていて。

 

いや、何なら? 

 

ある女性誌で、「私が文章」、「平松さんがイラスト」

というタッグを組む仕事を10年くらいやっていた出だしの頃、

「イラストレーターさん、出産するから早めに原稿あげて」

と、言われた記憶がある。・・・ってことは、出産前から知っている!?

 

だんだん、思い出話モードになってきたな・・。

 

このモードになると、とめどなく話が出てくるので、

そろそろ終わりにしますが。

 

最後に一つ。

 

今回、定例会となっている集いを自粛すると決まった時に

画伯が、「次に会うまでに、ネタを仕込んでおくから楽しみにしていて!」と

言っていた。

 

その生き方の姿勢に、大変、感銘をうけました。

かく、ありたい!

 

オスカー会、いつからやっているんだったけな? と、

出だしを調べてみた記事は、コチラ。

 

オスカー会の仲間たち