お花チョイスに見る長男の成長

2022.5.9

 

長男チョイスの母の日のお花

大学4年生になった長男とは、

最近、いろんなことを話す。

 

彼の就職活動中、何度、カフェで彼とランチをしたか!

 

それは、彼の話をメモっておくため。

そのメモは、彼の振り返り用でもあるし

私の育児日誌の延長版でもある。

 

「長男は、こんなだったな」と記録しておくと

下の双子の時に、楽だったりする。

 

と、また話がズレましたが。

 

日頃、なるだけ子どものことを

「ジャッジ」しないようにしてますが。

 

就職活動中というのは

「社会人としての長男」を、

彼と一緒に点検する、みたいな感じだった。

 

今日は、長男の仕上がり。のようなものを

述べてみたいと思う。

 

ようやく、掲題ですが。

 

要は、母の日に買ってくれるお花がセンスが

良くなったなぁ~ということです。

 

そもそも、わが家は、私がプレゼント文化を持ち込んでいないせいで、

「息子達が、母の日にプレゼントをくれる」ということ自体が、

最近になってから始まったのだが。

 

最初に頂いた時は、「この吉祥寺で、それは、どこで売っているの?」

という、もっさりした感じのものだった。

もちろん、嬉しいけどね。

 

今回のは、なんちゅーか、

普通にかわいい。。

 

これは、きっと、大学生になり女子学生さんとの交流もあって

「女子が好きなものは、こんな感じ」というのを

長男が学んだ結果だと思うのです。