【ビオラ】ある意味ではとんでもないことを始める訳だから

113回レッスン記録 8月31日 9:30-111:30

 

【雑談】

 

・左手を捻って構えるという自体、

ある意味、とんでもないことを始める訳で。

 

・楽器を弾くという行為は、捻じりながら遠くに引っぱったり押しやったりする。

・構えた時点で捻じっているんだから、身体の中に違和感があるのは当然。

 

・先生が前日、上野の文化会館にN響時代の後輩の方の演奏会に行った話から、

最近のN響のプログラムを見せてもらいつつ。

 

私 : これだけの曲を、1カ月で仕上げるんですか?

先生 : そりゃ、そうよ。1つのプログラムの練習は、平均で3日。

 

私 : 3日ですか? 全部、弾けるんですか?

先生 : 弾けなきゃ、しょうがないでしょ。商売にならないでしょう(苦笑)。

 

私、ある時、演奏会が終わった後、そのバイオリニストとご飯食べて、

「バイオリン、すごくお上手ですね」と、言った女です。

(まわりから、「お前はバカか!」と突っ込まれた)

 

いやぁ、それが、プロの音楽家っていうもんなんですねぇ。(だから、そうだって)

プロって、大変だな~。

「その道のことは完璧ですよね?」と、思われている感じ、プレッシャー。

 

余談だが。私がよく言われる言葉は、「本当にライターなの? 大丈夫?」

 

どうやら、私の話ことば、相当、おかしいらしい。

 

昨日は、「画一的」を「がいちてき」と発音し、夫に「かくいつてき、だろ」と言われ

本日は、「台頭」を、「だいとう? たいとう? どっち??」と夫に聞いて苦笑された。

 

私としては。

夫婦で、そのような単語を使う会話を

朝からしている部分を評価して欲しい。

 

あとは、文章を書いている分には、読めなくてもバレないし!(そこは、違う)

余談終わり。

 

【指盤の押さえ方】

・肩あてをすると、肘で楽器を下から支えるという気持ちが薄くなる。

指盤は指で押さえるというより、親指でナックルを押し上げて迎えに行くという気持ち。

 

・1本の指でポジションをあげる練習。(A線でやると良い)

→親ゆびから下に行くことをイメージする。

 

・上記は、いろんな指で、いろんな音からスタートしてみると

コツがわかってくる。

 

【ポジションダウンの手の癖】

・手のねじれ方向が逆。

 

・相互に引っ張り合わないとダメ。

 

・人間の本来持っている感覚とは、反対なんじゃないかな? と思うくらいがあっている。

何しろ、左手を捻って構えるという自体、

ある意味、とんでもないことを始める訳なんだから!!

→この秋をかけて、このイメージの修正をする。

 

・上記のような癖は、時間をかけて分析していかないといつまでたっても治らない。