子どもの図画工作保管場所を作る(2日目) 8分

2011.2.26

2日目は、ギャラリーの撤去です。

ギャラリーと言えば聞こえがいいけれどあせる

2階のトイレの壁一面に、

子どもの絵を貼り続けていました音譜

それが、もう飽和状態!!

写真撮ったんだけど、う~ん、まだアップできまへんがなハートブレイク

だんだん、それがストレスとなり~のむかっ

爆発した時爆弾が、「真剣にアップ作業に取り組む日」べーっだ!となることでしょう。(人ゴト)

貼れていない分と合わせて、

学年ごとに袋にいれる。

という作業方針なので、一度、全部の絵を壁から剥がすことにしました合格

今、トイレに入った3号が

「トイレが違う。何でトイレがキレイなの?叫び」と叫んでます。

アイスランドレシピ

【用意するもの】

ホチキス(後ろの部分を使う)、画鋲ケース

【やり方】

ホチキスの後ろの部分を使い、壁から絵を剥がしていく

画鋲をケースに戻す

アイスランド煩悩ポイント

飾り付けは、将来のビジョンが大事

→最初の頃は、「おお、なんてグッドアイデア!」と喜んでました。

それが数が増えていくにつれて、

この先、どうするんだろう?」と暗い気持ちに。

せっかく子どもが絵を持って帰ってきても

浮かない顔をしちゃったやもしれません。

イヤープレートを集め出した時にも、

似たような事態に陥ったことが。

将来的なイメージを描いてから、飾り付けをするといいのかも。

アイスランド頻度

人生に一度

種別:ベーシック