ビオラ音楽の祭典に行く 第1日目

2016.6.1

昨日、ビオラスペースに行ってきた。

 

ビオラスペースとは、ビオラを中心とする音楽祭。

年に1回、1週間ほどかけて、東京・大阪、名古屋で開催される。

 

昨日と本日が、東京でのコンサート。

 

ビオラスペースの発起人である世界的ビオラ奏者の今井信子さんを

この目で見たくて、コンサートホールである上野学園まで行ってきた。

 

今井さんの演奏も、もちろん良かったが、

今井さんと一緒に演奏していた

桐朋学園(弦楽器が優秀で有名な音大)オーケストラの

まだ無名の若手演奏家達が、ゴリゴリと弾いていて驚いた。

 

プロの演奏家として、ビオラを弾くことに人生を賭けている人が、

こんなにいるということに、目が覚める思いがした。

 

パンフレットには、たくさんの若手演奏家の演奏会のチラシが入って

いたから、今後、いくつか聞きに行ってみたい。

 

一番心に残ったのは、無伴奏奏で独奏した

ビオラ界の革命児と言われるアントワン・タメスティのプログラム。

やっぱり! の魅力を放っていた。

 

CDを買ってきたので、今日は、これから聞くつもりだ。