長男らっきょ生活 ~牛時代の夜明け⑩~

2019.6.7

【長男とらっきょとビオラ】

 

大学生になった長男、全然、家に帰ってきません。

お友達の家を泊まり歩き、昼過ぎに着替えに帰宅。

 

弟たちから、

「お前、いい加減にしろよな!」と、ディスられ。

 

私だって、さすがに、「大丈夫??」とは、思う。

 

しかしながら。私も、

全く!!! 本当に全く!!! と、

強く断言できるほどに勉強しなかった。

 

人生で勉強をした記憶が

1ミクロンもないって、どうなんですか?

 

よく卒業できたよ。

ノートとってくれたり、代返してくれていた

友達に感謝しかない。

 

ありがとう! 華ちゃん!! 

 

多分、絶対、華ちゃん、ここ見てないけど、

個人名を出すほどに、世話になったと感じているあるよ。

 

それにしても、昨日の寵子さんしかり、

パタちゃんしかりイズミさんしかり

 

私は、友達に世話を焼いてもらいっぱなし。

なのではないか? 疑惑が生まれてみた。

 

って、だんだん、

主題と文章の中身がズレてきたので

今日は、そろそろきりあげるかー。

 

って、本題書いてなかった。

 

長男に、「非生産的な日常なのはいいけど、

生活のこと、ちょっとはやらないど廃人になるよ」と言ったら

らっきょ漬けるのの下処理をやってくれた。

 

調子こいて、私が

「あと2キロくらい漬けたいんだけど」と言ったら、

「いーよ!」と言っていたという話。 が、本題でした。

 

この手法で、マーマレード作りも依頼。

その時の写真です。

 

【甘夏を刻んで】

【出来上がり!】