チャイコフスキーに癒される

2019.10.18

夏以降、ラフマニノフ。を連呼している私ですが、

今期の曲は、3曲あります。

 

メインのラフマニノフの他に

ワーグナーの「ローエングリーン」と

チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」。

 

2曲とも、クラッシックの、ザ★ド定番です。

 

それに比べて、ラフマニノフの交響曲第2番は、

人生で1度弾けたらラッキーレベルで

アマチュアのオーケストラでは、あんまりやらない曲。

 

パートリーダーのイズミさんにも、

「次にうちのオケでやる時は、もう弾ける年齢じゃないと思う」

と、言われている。

 

そんなこともあって、

ラフマニノフにかかりっきりだったのですが。

 

昨日、ふとチャイコフスキーのガシガシ弾く部分の

音程をさらってみたらば。

 

音の動きが、わかりやすくて、

なんか、癒されるわ~。

 

ラフマニノフくんは、オシャレだし、確かに超絶・色っぽいのですが、

いかんせん、私の本質とは遠い。

 

わかりやすいチャイコフスキーくんとの時間を

過ごして、「私、随分、無理していたんだ」。

って、気づいたの。的な?

 

どっちがいい! って訳じゃないし、

二股もオッケーだし、(つーか、両方さらえよ! 的な?)

でも、なんか、全然、違うってことです。

 

二人ともロシアの作曲家なのよ。

でも、全然、違う。

 

チャイコフスキーは、やっぱ、わかりやすく演歌だわ。

そりゃ、日本人の私とは相性いいわよね。。