子どもの哲学(哲学対話)のワークショップ

2019.11.18

昨日は、明治大学で行われた

子どもの哲学(哲学対話)のワークショップに行ってきた。

 

子どもの哲学とは、

考えを深めること自体を

一番の目的とした対話のこと。

 

2020年からの学習指導要領には、3つの柱があるが、

その中のひとつに、

「どのように社会・世界と関わり,よりよい人生を送るか」

が、ある。

 

上記を考えるのに

アクティブラーニング(対話的な思索)は不可欠で。

 

でも、学びの場で、そういう体験をしたことのない2019年の私は、

「今の学校教育」と、「未来の学校教育」に

どう、「かけ橋」をかけるのか?が、まだ全く見えていない。

 

そのヒントになるワークショップだと感じた。

 

たとえば。 子どもの哲学(哲学対話)では

次のようなことはしない。

 

・結論を出したり、答えを一つにまとめたりはしない

・相手を打ち負かすために、問い詰めたり論破したりしない

・お互いの意見や考えをただ交換しあうだけでは終わらない

・発言を強制したりはしない

 

何度も言うが、子どもの哲学(哲学対話)とは、

 

「考えを深める」ことを自体を

いちばんの目的とした会話

 

これが、なかなか難しくて。

 

全3時間のワークショップのうち、

レクチャーが1時間、ワークショップが2時間で

実際に哲学対話をしてみたのだが。

 

他者の意見に反論したくなったり。

結論を急ぎたくなったり。

 

いろんな自分がいた。

 

哲学対話の目的は、教室内に「知的なセイフティ」を

醸成することによって、子供たちが安心して学び、考えることの

できる学級・学校を構築すること。

 

そういう「場」を作りたいと願うけれど、

なかなか難しいなぁと思った。

 

でも、難しいから面白いんだと思う!!!