ザ ★ 日本男児

2019.11.28

昨日は、国家公務員として

国の中枢業務を担っている方の取材だった。

 

見た目、言動、

そして信念を持っている人が持つ、目力・・。

 

ザ ★ 日本男児 という感じ。

 

例えるならば、雪の中にスクっと立つ

秋田犬。という雰囲気の方だった。

 

こういう方が、日々、日本のことについて

考えて下さっているのか! と、思ったら

すごく心強くなった。

 

私が取材をさせて頂く男性は

自分の才能や技術を使って

ピンで活躍している人が多い。

 

組織の中で働く人に、

実は、あんまり会わないのかも? と、気がついた。

 

新聞社や出版社、テレビ局だって、組織なのかもしれないが、

彼らは、ピンの人達と似た雰囲気がある・・。

 

新卒で入社した会社に、一応、10年近く勤めていたし、

そもそも、夫は、堅い会社の会社員だが。

 

それでも、尚。 国家公務員の彼は、

「触れたことのない空気感だなぁ」と、思った。

 

「国家」を背負っているからかしらん?

 

ひと昔前の日本には、こういう感じの人がたくさんいて

日本の復興を支えていたんだろうなぁ、どと思った。

 

結構な衝撃だった。。。。

今、まだ、ボンヤリとしている。

 

取材内容を記事にすれば

未知との遭遇は腑に落ちるかな???