捜査員のように。

2020.9.17

【捜査員のように並べてみた】

 

ぼっちゃん方の私物整理の続きです。

 

今日は、燃えるゴミの日だったので、

昨日、上記の写真をぼっちゃん方に送っておいた。

 

右上に見える緑の袋は、

武蔵野市の有料ゴミ袋。

 

「明らかにゴミだな」と思うものは、

すでにゴミ袋にいれてある。

 

判断に迷うものだけ、本人たちのチョイスを持つ意味で

ひとつ、ひとつが見やすいように並べてみた。

 

刑事ドラマの捜査室って、

こんな感じで物品並んでなかった??

 

今回の捜査(違)で、特筆すべき点は、

今朝、三男が、「これ、全部捨てて大丈夫」と、

自分から (← ここ、すごく重要)、言ってきたこと。

 

いやーん、ちょっと、嬉しい!!!

 

私は、彼らが、「言葉を話す前」

乳幼児だった頃、育児日誌を書いていたのですが。

 

誰に見せる訳でもない育児日誌に対して、

すごい情熱を傾けて、書いていた。

 

モチベーションは、

「このコミュニケーションを記録しておきたい!」だった。

 

言葉を話す前の彼らと、コミュニケーションができた時の

喜びったら!!!!

 

「こーやったら、こう反応した」とか

「こういう反応があったら、こうした」とか。。

 

そういうことを、逐一、見逃さずに

書き留めておきたかったのだ。

 

今、思えば、すごい情熱だったよなぁ~。

 

彼らが、言葉を話し始め、

学校に行き、日本社会の様式に慣れて、

行動が「読める」ようになった時あたりから。

 

育児日誌、全く書く気を失った。

 

そういう意味では、興味がなくなったんだろうね。。。。

どうなの? それ。

 

話を戻し。

 

今回の、三男の反応を見て、久しぶりに

彼らとの、コミュニケーションを記録したくなりました。

 

ここで公開するかもしれないし、

さすがに紙のノートに書いて、公開はしないかもしれないけど。

 

私の、何かのスイッチが入った予感がするわ?