秋の銀座浴 

2020.10.1

【マダムから頂いたお菓子】

 

昨日は、月に1回の漢方医 + マダムとの定例会。

 

ギリギリまで仕事をして、お出かけ用の服に着替えて

電車に飛び乗って、銀座に到着。

 

秋晴れで、空は限りなく青く澄んでおり

私は、(そこそこに)オシャレして、銀座の街にいる。

 

「こういう時間、大事~」って、心から思う。

 

【カフェでご飯】

【カフェでスイーツ】

 

このカフェ、マダムとよく行くお店のひとつ。

miumiuが入っているビルの6階。

 

スズカフェ 銀座

 

かわいーし、さほど混んでいないし、

バランスが良くて、使い勝手の良いお店だと思う。

 

マダムから、「この1カ月、電車に乗った?」と聞かれ

スケジュールを確認してみる。

 

息子の学園祭、墓参り、仕事の打ち合わせ、と、全3回。

 

全部、「パブリックな用事」だから、「プライベートのお出かけ」って、

私、まだしていないんだなぁ~と、自覚。

 

ちなみに、マダムは、週に1回は飛行機に乗っているし

毎日1食は外食をされているそう。

 

カッコいいっす、先輩! 

経済回してて、偉いよなぁ~。

 

だいぶ自粛は解けてきたけれど、やっぱりどこかで

「万一、コロナになったら」という気持ちは、なくはない。

 

まだ、無意識に制限を自分にかけているんだって、

マダムと話していて気がついた。

 

マダム、相変わらず楽しそうに暮らしていて

何だか元気をもらった感じ。

 

私が親交があるお金持ち(って言い方もアレだけど)って、

似たような独特の空気感があると思う。

 

私と親交がある時点で、「うぇ~い!」みたいなノリの人ではないし、

ちゃんと地に足つけて堅実だけど、安定した経済力に裏打ちされた余裕。

みたいな? なんか、そんな感じ(雑か!)

 

そういう方たちとご飯を食べたり、

他愛のないおしゃべりとすると、心が穏やかになる。

 

で。

 

漢方医に一緒にいって、マダムとはバイバイ。

 

その後、私は伊東屋に行きました。

 

【便箋とシール いつも買うセット】

 

私は、便箋は「伊東屋オリジナルの一筆箋」を

「いつも使っているレベル」で一択しており、

これを切らすと、手が震える(嘘)。

 

ついでに、秋仕様のシール(封筒の封を止める用)も

一緒に買う。

 

【2021年度の手帳を買う】

 

2021年の手帳も、品数が豊富な時期に

早々にゲットしておく。

 

そうでないと、手が震える(しつこい)

 

でも、ビニールを外さずに撮影すると、テカテカして、見づらいですね・・・。

 

余裕があったら、「手帳」と「便箋」と「シール」について

回を改めて語ってみたいと思います。

 

文房具マニアとしては、この3点、語りたいこと一杯ある。

 

文房具マニアとしてのエピソードとして。

 

昨日、伊東屋の店員さんと会計時に会話をしていて

「いや、もう、私は伊東屋さんの虜ですから」などと話した後。

 

会計が終わり、すぐ後ろのラックに飾ってあった

「文房具ラブ本」を手にとった私を見て、店員さんから

「また、ますますハマるんですね、それを読んで」

みたいなことを言われました。

 

これは、文房具マニアとしては、

誇っていいエピソードだと思うんですが、どうですか?